ホームへ既刊案内へ近刊案内へ著者集・シリーズへ自費出版ガイドへ本のご注文へお問い合せへ  
 
美富子の部屋へ
 

図書出版 文理閣
   周辺地図のページへ

〒600-8146
京都市下京区七条河原町西南角
TEL.075-351-7553
FAX.075-351-7560
http ://www.bunrikaku.com

 

哲学・思想1【文理閣 既刊目録】

  • 唯物論とヘーゲル研究
    向井俊彦著/'79 A5判 1500円(品切)→'08年【増補版】刊行
    ヘーゲル哲学の理解を通じ唯物論の正しい方向を探る。認識論・方法論の基礎,史的唯物論の基礎等を収録。
  • デカルトと近代理性
    河野勝彦著/'86 A5判 3000円
    近代理性は人類史上いかなる意味をもったかをデカルト・ロック・コンディヤックらの所論をもとに考える。
  • 人類の知識と自由
    向井 久著/'84 四六判 2200円(品切)
    いま哲学は何をすべきか。今日の人類的危機の解決のため新しい人類学の構築を唱える。
  • 環境問題を哲学する
    関西唯物論研究会編/'95 四六判 2330円(品切)
    自然科学・社会科学・哲学の叡知を集め,環境危機の現状と克服の方向を探る共同労作。
  • ターミノロジー学 ヴュスターの言語哲学とその応用
    尾関周二・ガリンスキー編著/'87 A5判 2500円
    ウィーン学派のターミノロジー学理論を日本で初めて体系的に扱った。
  • 弁証法的矛盾の論理構造
    牧野広義著/'92 四六判 3107円
    50年代論理学論争から70年代矛盾論争までを総括し,現実と切り結ぶ矛盾論を構築した待望の労作。
  • 現代文明とフィロソフィー
    松井正樹編著/'93 四六判 2233円
    文明の去就が問題とされる今日,人間とは何か,哲学とは何かを省みる教養としての哲学・倫理学テキスト。
  • 自由・平等・社会主義 新しい社会編成の原理を求めて
    碓井敏正著/'94 四六判 1942円
    社会主義に未来はあるのか。自由・平等・民主主義・市場原理と整合した新しい社会を展望する。
  • 社会主義と民主主義
    D・マクレランほか編著 吉田傑俊訳/'96 A5判 2718円
    ソ連・東欧ブロックの解体によって勝利宣言した新自由主義への基本的批判を通し,社会主義の再生を模索。
  • 都市的人間と民主主義
    中村浩爾著/'94 A5判 2913円
    民主主義を実現する個のあり方について、柔らかい個人主義、日本人論、フラタニティなどを通じて考察。
  • 人権の創出 ルソー、マルクスと現代人権論
    佐々木允臣著/'90 A5変型 3107円(品切)
    東欧の激動によって人権と民主主義が改めて問い直されている現在,その理念的側面に焦点をあてた人権論。
  • 自律的社会と人権 人権か野蛮か
    佐々木允臣著/'98 四六判 2800円
    人権の世紀といわれる21世紀を前に,自律的な市民社会の観点から人権論を捉えた刺激的諸論考。
  • 必要と欲望・要求の理論 必要編/欲望・要求編
    上瀧陸生著/'93 A5判 各2913円
    欲望と要求のメカニズムを独自の概念を基礎に明らかにし,人間らしく生きるための条件を解明する。
  • 現代唯物論の探求 理論と実践と価値
    牧野広義著/'98 四六判 2500円
    時代の要請に応える哲学とは。反映論・自由論・価値論・環境問題など唯物論の深化をめざした注目書。
  • 近代日本の精神と国家
    田平暢志著/'99 四六判 2500円
    近代的自由の発展にとって桎梏となっている日本人の世界認識の構造を新興宗教・西田哲学などを通じて分析。
  • 価値論の視座
    北村 実著/'99 四六判 3200円
    マルクス主義と個人,価値と歴史観,文学芸術と反映論など,斬新な見地で哲学の創造的発展をめざす。
  • 環境と生命の倫理
    河野勝彦著/'00 四六判 2500円
    進化論的倫理学を下敷きに「人間中心主義」を乗り越える「生命中心主義」の成立可能性を追究する。
  • 人間と道徳 「倫理学以前」の旅程
    村瀬裕也著/'00  A5判 2200円(残部僅少)
    倫理の主体たる人間とはいかなる存在か。人物紹介をまじえて語る初学者のためのプレ倫理学入門。
  • 文化と風土の諸相
    末永豊・津田雅夫編著/'00 A5判 2800円
    メディア・ことば・イメージなどをキーワードに,哲学・倫理学・言語学・文学から接近した文化研究。
  • グローバリゼーションと市民社会 国民国家は超えられるか
    望田幸男・碓井敏正編著/'00 A5判 3200円
    歴史学・政治学・経済学・哲学の専門家が,変容する国民国家の過去と未来を論ずる刺激的論考集。
  • 理念をめぐるカントの思惟
    森 禎徳著/'01 A5判 3500円
    カント思想とりわけ「先験的弁証論」の積極面と消極面,意義と制限を,「理念」を主題にして大胆に考察。
  • 哲学と知の現在 人間・環境・生命
    牧野広義著/'04 四六判 2800円
    意識と脳、環境生命倫理,人権思想,自己決定権など現代に生きる人々が避けて通れない諸問題を論ずる。
  • 文化的近代を問う
    稲生勝・津田雅夫・林正子・洞澤伸著/'04 A5判 2200円
    近代日本の〈批評〉の成立,「親疎の意識」を基軸とする若者たちの言語行動,三木清と近代批判ほか。
  • ウェーバーとヘーゲル,マルクス
    吉田 浩著/'05 A5判 4800円
    見田石介・ヘーゲル・マルクスらの科学論を基礎に,ウェーバーの社会経済理論を徹底的に批判検討する。

 
哲学・思想 2 へ